117対5という結果でした。
蒸し暑く、気温の高い中、選手は最後までよく頑張ったと思います。
しかし、今回は、激励の意味を込めて、あえて辛口のコメントを書かせていただく。

選手たちはこの結果をどう思うのでしょう。
悔しい 情けない 國栃だからしょうがない

悔しければ今後何をすれば強くなれるのか真剣に考え行動に移そうではないか!
今まで、自分に甘くなかったか?
平日の練習はどうだった?
自分がやるべき事を人任せにはしていなかったか?
ツライ、キツイ練習から逃げてはいなかったか?

情けないと思うなら、今後どうすればいいのか考えようではないか!
相手に当たり負けない、押されない「身体造り!」
60分間走り続ける「スタミナ!」
そして、
何よりも魂の入った「タックル!」
ひとつひとつに目標を持ち達成出来るように頑張ろう。

國學院栃木!さすがに「強い、速い、ミスしない」全てにバランスのとれた素晴らしいチームでした。
能力の高い選手が揃っている。
彼らはその素質の上に日々の努力を重ねているのだろう。
しかし、彼らも同じ高校生!
今はまだ彼らの背中は見えないが、追いつくためにはそれ以上の努力が必要なのは言うまでもない。

佐野日大ラグビー部員の諸君!ここが正念場だぞ!
昨日のこの敗戦を、この悔しさを決して忘れるな。
ここからがスタート!新たな伝説を創るため、自分を追い込み、ラグビーを考え、ひたむきに取り組もう。
そうすれば、必ず結果はついてくる。
一日、一日を大切に!「継続は力なり」なのだから。