佐野日本大学高等学校ラグビー部

          このブログは、佐野日本大学高等学校ラグビー部を全面的に支援するために立ち上げたブログです。

OB達の活躍/進路先

内容、個人情報上問題がある場合・学校及び、ラグビー部の名誉を傷つける事象が発生した場合、即座に削除又は支援を中止しクローズする事をご了承下さい。

2015年度卒部生_進路先・近況報告

2015年度卒部生の近況についてご報告いたします。
校訓の一つである”文は武を生かし・武は文を生かす”を理解・実践し
3年間学園生活の中で、ラグビーを楽しみながら学業に専念しております。
毎年、果敢に難関国公・私立 日本大学難関学部に挑戦するものがあり
結果を出してくれています。
今年の卒部生は、13名でした。
今年も、全員が現役進学し送り出すことが出来ました。
この5年間の調べですが、全員が現役で合格成就しそれぞれの夢に向かって
進学してくれていることは、自分が成し遂げたことのように
言い知れぬ誇りを感じるところであります。
尚、進学と同時にラグビーを継続しているものもは、9名に上ります。
皆様ご承知の方も多いと思いますが、
各大学ラグビー部開示情報等で進学先・氏名が公表されているところです。
在校当時と変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

(下記情報については、卒部生父兄代表を通じ同意をいただき掲載させていただいています。)

順位不同
2015年度卒:進学し大学ラグビー部に所属しているものは下記の通りです。
 島野 光陽 日本大学法学部
 安藤 圭人 日本大学法学部
 山崎 竜翔 日本大学商学部
 塚越 樹 日本大学文理学部
 福田 翔梧 日本大学危機管理学部
 杉本 悠馬 日本大学文理学部
 新妻 汰一 明治大学政治経済学部
 原口 智也 立命館大学情報理工学部
 秋谷 泰智 立命館大学情報理工学部

近況報告(下記をクリックしてください)
2016/05/08 明治大学A VS 中央大学A

2016/05/04 日本大学1年 VS 摂南大学1年

2016/05/08 立命館大学C VS 同志社大学C(2年生畠中優凪さんと同時出場)

OB達の軌跡_2015/05

 立夏も疾うに過ぎ、早くも春とは言えぬ季節となった。
時を半年前にさかのぼる・・・
昨秋、平成26年度全国大会予選決勝戦を終え、傷を癒し休む間もなく
敗戦に脱力することなくOBとなった君たちは、強く次の目標に向かって動き出していた。
前キャプテン”ユウナ”
君は、大学ラグビーの道に進むと共に寮生活では無く大学生活では
一人暮らしを選択した。
君の頭の中で色々な事を考え、葛藤があったことを私たちは知ることは無い。
君は、ある種の勇気を振り絞り一つの行動を起こした。
料理長ご夫婦にお願いし毎日一品の料理を教えていただいた。
親にも内緒で進めた初めての手料理作りである。
食費が掛からず、簡単に美味しく栄養のつくレシピを教えていただいた。
自分だけ特別に配慮していただくのは、寮生活ではいけないこと・・・
ただ教えていただくのはいけないと、寮生全員の弁当箱と食事後の皿洗いを
その日から一生懸命毎日黙々と洗い続けた。
ラグビー部では、決して先輩風を吹かせない君も
先輩としての特権と言っても良い権限を使ったことが一度あった。
それは、寮に帰宅しても練習で疲れているせいなのか
弁当箱を中々出さない下級生に
各部屋を回り”毎日皆のご飯を作る人の身になれ”
”食事を用意してくれるのは当たり前のことじゃない”と普段は、朴訥な彼も怒った。
大学での専攻では、普通授業であっても英語を有することを知り
米国生活経験のある料理長に相談に乗っていただいたこともあった。
やはり、部外者は生活に立ちいり勉強を見てあげることは出来ない・・・
手助けしてあげたくても、一線を引かなくてはならない。
英語を聞くことの大切さ、楽しく覚える方法のヒントを伝授していただき猛勉強・・・
そんな自立心が付いた君はどうしているのだろうか・・・・・
立命館大学ラグビー部員としてフィールドに立つ姿を、皆は応援している
 リンク
 1、→→→ 立命館大学 対 京都大学A ←←←

 2→→→ 立命館大学 対 九州共立大学 ←←←

バイスキャプテンであった”クニ”
君も中学生の時には、輝かしい経歴と実力があるのに
この監督と先輩たちと一緒にやりたいと
何の実績も無い佐野日大ラグビー部にやってきた。
皆で強いラグビー部を作り上げようと努力してきた。
眉を細め、額にちょっとしわを作りシャイに話する君は、
言葉よりも自分のプレーで佐野日大ラグビー部の姿勢を常に示してくれた。
試合では、皆に勇気を与える低いタックルを何度も見せてくれた。
脳震盪でベンチに下がり寝ながら君は、意識がもうろうとしている中
皆に”頑張れ”とフィールドに何度も鼓舞し続けた。
皆は、そんな姿に 溢れそうになる涙を押しとどめ
ベンチとフィールドの中の仲間が一体となって戦っていた姿を思い出す。
全国大会予選決勝翌日、君は誰よりも早く起きいつもと変わらず、食堂のテーブルを拭き
床の清掃を黙々としていた。
誰に求めるのでもなく、誰も見ていなくても君は、その姿勢を貫いた・・・
試合の外であっても、左右に腕を動かし吹き掃除する
君の背中から見る姿は、頼もしい大人になった自立する
一つの佐野日大ラガーマンの姿であった。

関東学院大学ラグビー部の一員として、君のデビューの試合なのだろうか
みんなが応援している
リンク
 1、→→→ 関東学院大学 対 山梨学院D ←←←

佐野日大ラグビー部3年間を通じて、部員一人一人が成長し自立する姿をみせてくれる。
先輩から後輩へ受け継ぐもの・受け継ぐべきものは多い
佐野日大ラグビー部の”さくら”は、咲いて美しく 散って美しい
そんな気がするのである。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • SPIRITUS_2017年度国体予選決勝
  • 平成29年度県下国体予選決勝結果
  • 平成29年度県下国体予選決勝結果
  • 平成29年度県下国体予選決勝結果
  • 平成29年度県下国体予選決勝結果
  • 平成29年度県下国体予選決勝結果
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード